Wバリア工法 - 泡で断熱アクアフォーム エコ| 注文住宅の桧家住宅 伊丹展示場

Top / 桧家のこだわり/ hinokiya'sテクノロジー/Wバリア工法

Wバリア工法ー長期優良住宅対応ー

Wバリア工法は泡とアルミのW効果で家族を優しく包み込み、オールシーズン快適に暮らせます。


/home-ncj.co.jp/cgi/png/hinokiya/img/viewdata/554.png



水で膨らみ、99%が空気でできた断熱材「アクアフォーム」で屋根・壁・床下の建物全体をまるごと断熱。 夏、暑さを感じやすい屋根裏(小屋裏収納)もアルミを使った通気スペーサーで屋根を遮熱しているため夏の暑さも防げます。さらに、壁面は断熱材の上面にアルミ蒸着を施した透湿・防水・遮熱シートを施し、太陽光の赤外線を約75%反射して建物自体への熱の侵入を大幅にカット。「Wバリア工法」は、泡とアルミのダブル効果で住む人みんなをやさしく包み込みます。

年間光熱費約4割の削減につながりとても経済的!


年間光熱費グラフ

※本資料の暖房、冷房の各消費エネルギーは、住宅環境・省エネルギー機構(IBEC)「住宅事業建築主の判断基準」算定用Webプログラムで算出したもので、IBECで想定した住宅形状や家族構成に基づいた計算です。
※年間冷暖房電気代は、1kWh=22円(社)全国家庭電気製品公正取引協議会新電力料金目安単価として目安電気料金を算出しています ※家電の消費エネルギーは「2003年製品+待機電力の低減」を想定。2000年頃に保有されていた製品を基準とする値(一次エネルギー消費量 23.7GJ)に、エネルギー消費率0.6(レベル2)を掛けています。(住宅環境・省エネルギー機構(IBEC)「自立循環型住宅への設計ガイドライン」より引用)
※調理の消費エネルギーは『基準値:一次エネルギー消費量4.4GJ』を用いています。(住宅環境・省エネルギー機構(IBEC)「自立循環型住宅への設計ガイドライン」より引用)
※一般住宅の電気料金は、東京電力「従量電灯B 50A」、ガス料金は東京ガス「一般契約料金」で計算しています。
Wバリア工法・電気・ガス併用の場合、電気料金は、東京電力「従量電灯B50A」、ガス料金は東京ガス「家庭用高効率給湯器契約〈湯ったりエコプランぷらん〉」で計算しています。
※ 住まい方、建物条件などによって結果は異なります。

伊丹来場予約のご来場予約はこちら!

アクアフォーム

人や自然、地球にやさしい暮らしを叶える水のちからで発砲する断熱材アクアフォーム


「気密性」「断熱性」「吸音性」を高いレベルで実現。

水の力で発泡する環境にやさしい断熱材「アクアフォーム」は、住宅の隅から隅まで家全体をスッポリと覆ってしまう現場で吹き付け発砲する断熱材です。自己接着力によって柱や梁に密着して気密性を大幅にアップさせます。暑さ、寒さを遮断し家中どの部屋でも同じような室温に保てる温度のバリアフリーを実現。そのため省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房費に要する光熱費も大幅に削減できます。さらに湿気を防ぎ、結露を抑制するので建物の耐久性、衛生面からも家族を守り続けます。

暑さ対策は「屋根断熱」、寒さ対策は「基礎断熱」


/home-ncj.co.jp/cgi/png/hinokiya/img/viewdata/586.png

/home-ncj.co.jp/cgi/png/hinokiya/img/viewdata/587.png



屋根は太陽熱の影響を大きく受ける場所です。直接屋根を断熱する事で室内の温度環境を快適に保つことができます。基礎断熱は床下は室内とほぼ同じ温度になるため冬場も快適に過ごせます。また、夏は床下に発生しやすい結露を防止します。

人や自然、地球にやさしい暮らしを叶える水の力で発砲する断熱材


/home-ncj.co.jp/cgi/png/hinokiya/img/viewdata/803.jpg



水の力を利用した硬質ウレタンフォームによる断熱材「アクアフォーム」は環境に悪影響を与えるフロンガスを使わず、ホルムアルデヒドも発生させま せん。暮らす人の安心・安全はもちろん、快適な住空 間を維持します。

/home-ncj.co.jp/cgi/png/hinokiya/img/viewdata/804.jpg



自己接着能力によって躯体との間に隙間ができず、長期間に渡って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性をもつ住宅は省エネ効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を大幅に削減します。

/home-ncj.co.jp/cgi/png/hinokiya/img/viewdata/812.jpg



建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。建物を効率的に換気するには、まず高い気密性をもった住宅をつくる必要がありま す。高い気密性があってはじめて、効率的に、計画的に建物を換気することが可能なのです。


伊丹来場予約のご来場予約はこちら!

高気密・高断熱サッシ

気密・断熱 熱伝導率が低く、断熱性がUP


断熱樹脂サッシ

躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。


熱伝導率の低い樹脂と複層ガラスを組み合わせることで、一般的なアルミサッシと比べて
約3倍の高い断熱効果を実現。防音性、水密性、気密性にも優れた快適サッシです。
枠・障子をアルミと樹脂の複合構造にすることによりインテリア性もアップさせます。

断熱樹脂サッシ

赤外線・紫外線を大幅にカット。


高遮熱・高断熱 Low-Eペアガラス

断熱効果で光熱費を抑え外気との差による結露を防ぎます。


窓は外壁のおよそ25~30パーセントもの面積を占めます。光熱費が少なくてすみ、一年中快適な住まいをと考えたら、窓も高断熱化することが大切です。桧家住宅では高遮熱・高断熱Low-Eペアガラスを採用。ガラスにコーティングされた特殊な金属膜で遮熱・断熱・結露防止に効果を発揮します。
さらにお部屋の色褪せの原因となる紫外線をカットする効果もあります。お肌の紫外線対策にも役立ちます。

Low-Eペアガラス

伊丹来場予約のご来場予約はこちら!

遮熱材

アルミ蒸着層で効果的な遮熱。


透湿・防水・遮熱シート(アクアシルバーウォールS)

最大75%の赤外線を反射!!


室内へ侵入する赤外線量を低減すること、屋外へ温めた空気を逃がさないことが、冷暖房に使用するエネルギーを抑制し、省エネルギーに貢献できます。

アクアシルバーウォールS

夏の陽射しを建物に入れない。


遮熱タイプ通気スペーサー

約70%~80%の赤外線を反射!!


床蒸着されたアルミにより赤外線を約70~80%反射することで放射熱を抑え、長期に渡って遮熱効果が持続します。また、浸透性があるので湿気の排出を妨げません。

遮熱タイプ通気スペーサー

伊丹来場予約のご来場予約はこちら!

実験棟

室内の温度差の違いが明確。「Wバリア工法」の性能の高さを実証



断熱工法が違う全く同じ間取りの建物で、建物の「気密性」「断熱性」「遮熱性」の違いによってどれくらい室内や壁面の温度差が出るかを検証しました。
実験棟

一般断熱工法とWバリア工法の室内表面温度比較

エアコンを使用せず室内表面温度を計測
夏室内表面温度比較


エアコンを25℃設定で15時間作動させ停止後の表面温度を計測
冬室内表面温度比較

伊丹来場予約のご来場予約はこちら!